本年もどうぞR.I.P./Χをよろしくお願いいたします。

いよいよ新しい年も開けましたね。
まだまだ世の中落ち着きませんが、このニューノーマルの時代を生きてかないといけないんでしょうね。
今年こそはと尻叩きのためにイベントに申し込もうとしたんですが、オミクロン株のお陰で取りやめざるを得ませんでした。家族がいるので、やはり長時間一箇所に留まり続けるサークル参加は無理かなと。
前にサイトを更新してた時は自分で縛りを作っててそれが奇跡的にうまくいってたんですが……難しいですね。一番の理由は話を思いつかないことですが。あと、ちゃんとした机がない。
そうです、未だに机をパソコン部屋から持って来れてないんですよ……そろそろ2年になるのにね……。
そろそろ繁忙期が来るのでその前に本当に何とかしたいです。腰も悪くなってきたし。

今回のお芝居の話。
舞台「文豪ストレイドッグス」、何度か動画で見ましたが、所謂2.5次元のお芝居のイメージを崩して、物凄く演劇的な舞台でした。
漫画的な表現、目に見えない異能力やそれを使った戦闘シーンをどう生身の人間と舞台装置に落とし込むか、そういう試みがとても面白くて、視覚的にも大満足でした。当日生で観れた人は幸せですね。
後でアニメ版を観たら、太宰役の人(交替する前の方)は原作やアニメのギャグの動きを細かく再現していたんですね…ビックリしました。人体をここまでキッチリ自在に動かせる本格的な表現者が2.5次元にいるなんて思ってもいませんでした。この俳優さんはただものでない…と思った瞬間でした。
脚本も演出も物凄く挑戦的で、原作を再現するだけに留まらない良い舞台だと感じました。
お芝居好きな方は一度ご覧になってみては如何でしょうか。私はdアニメで見ていますが、中継録画でも十分に面白いと思います。

12月から1月にかけていくつか拍手をいただきました。ありがとうございます。
12月7日にコメント下さった方、ありがとうございます。当サイトのお話は全て紳士淑女のための大人の娯楽読み物なので、楽しんでいただけたなら幸いです。